In case you’re ever stuck in the dark: Here are some illuminating answers.

よくある質問

持っているランプが壊れているようです。どうしたらいいですか。

先ずは、バッテリーを新品に交換して、適切に接触しているかを確認してみましょう。充電池を使用する場合は、充電がされているか確認してください。

新しい電池に交換しても、充電をしてもランプが作動しない場合、次の2つの手順に従ってください。

いつランプを購入されましたか。

  1. ご購入からまだ24ヶ月経っていない場合は、同製品を購入なさった販売店舗にご連絡ください。販売店舗で、保証の対象になるか確認してもらえます。
  2. ご購入からすでに24ヶ月以上経ってしまっている場合は、当社のウェブサイトからサポートリクエストフォームで詳細を述べてください。フォームは こちらからどうぞ。

ランプの明るさが落ちて、一定の間隔で点滅するようになりました。どういう意味でしょうか。

注意:バッテリーの放電を防止するため、定期的にコンタクトスプレーを使用してください。長時間使用しない場合は、ランプからバッテリーを取り出しておくことが重要です。

クリーニングしても、新しいバッテリーに交換してもランプが動作しない場合、購入日から24ヶ月未満であれば同製品をご購入いただいた販売店舗にお問い合せください。当社ウェブサイトのサポートリクエストフォームを使ってご連絡いただいてもかまいません。フォームは こちらからどうぞ。

フォームで「サポート:保証 / 修理(エンドカスタマー向け)」を選択し、状況を詳細に入力してください。サポート担当者が保証の範囲内で交換部品(バッテリーマガジン、エンドキャップなど、モデルによって異なります)を提供して差し上げられるか確認いたします。

目に光を直接当てると、危険ですか

先ず、当社のランプは人の目に直接「照射」する設計にはなっていない点に注意してください。もし直接照射してしまうと、目を損傷する危険性があります。

ですので、ご自身や他人の目に光を直接照射しないようにしてください。

当社ランプに取り付けられたLEDの光は、光波長スペクトルといって目をすり抜けてしまう性質があります。こうした光の種類には、例えば紫外線(UV)や赤外線(IR)があります。この見えない光線は、可視光線である青い光と同様、目に直接当たると非常に危険です。

使っているフラッシュライトですべての機能がもう使えなくなってしまいました。どうしたらいいですか。

Mシリーズのランプなど、一部のモデルでは再度プログラミングをすることができます。ランプのプログラミングには、クイックユーザーガイドやスマートインストラクションカードが必要です。

これについては、「サービスおよび保証」メニューの「ダウンロード」でご確認いただけます。こちらで、お持ちのランプを選択し、該当する書類をPDFでダウンロードしてください。

ランプのバッテリーをすべて消耗した場合はどうしたらいいですか。

先ず、バッテリーを慎重にランプから取り外します。

バッテリーコンパートメント搭載モデルをお持ちの場合、高い可能性で使用できなくなるおそれがあります。クリーニングを行うのであれば、バッテリーの液漏れ清掃用にクリープや多機能オイルを使用します。こうしたオイルはこれらの油は、ホームセンターで手に入ります。

ランプ管内部は必ず清掃してください。これも同様に上述の液剤と、中ぐらいの硬さのワイヤブラシを使用して行います。

  1. お持ちのランプのヘッドは、2つの異なる部品で構成されています。シリンダ部分に、反射レンズと、円筒に向かって先細りになるスピードフォーカススライドが付いています。いくつかの最新のモデルでは、シリンダ部分は銀色になっています。
  2. スピードフォーカススライドのシリンダを、反時計回りにねじ回しします。
  3. このとき、LEDには一切触れないように注意してください。
  4. ランプの下方から、スピードフォーカススライドを引っ張ります。これで、内部の部品すべてを湿ったまたは乾いた布で清掃できるようになります。ランプ管に見えるOリングの清掃は、ノンシリコンのグリースで行ってください。
  5. 次に、スピードフォーカススライドを引き上げて、シリンダ部と一緒にねじで締めてランプヘッドを閉じます。フォーカスロック機能を搭載したモデルはすべて、スライドの引き上げは特別な注意を払ってください。スライド内部のノッチは、引き上げ時に所定のガイドに沿って正確にスライドさせなければなりません。

フラッシュランプがフォーカスしにくいです。どうしたらいいですか。

  1. お持ちのランプのヘッドは、2つの異なる部品で構成されています。シリンダ部分に、反射レンズと、円筒に向かって先細りになるスピードフォーカススライドが付いています。いくつかの最新のモデルでは、シリンダ部分は銀色になっています。
  2. スピードフォーカススライドのシリンダを、反時計回りにねじ回しします。
  3. このとき、LEDには一切触れないように注意してください。
  4. ランプの下方から、スピードフォーカススライドを引っ張ります。これで、内部の部品すべてを湿ったまたは乾いた布で清掃できるようになります。ランプ管に見えるOリングの清掃は、ノンシリコンのグリースで行ってください。
  5. 次に、スピードフォーカススライドを引き上げて、シリンダ部と一緒にねじで締めてランプヘッドを閉じます。フォーカスロック機能を搭載したモデルはすべて、スライドの引き上げは特別な注意を払ってください。スライド内部のノッチは、引き上げ時に所定のガイドに沿って正確にスライドさせなければなりません。

 

スイッチを入れても、ランプが点滅したり、点灯するまでが遅かったりするのですが、何かおかしいのでしょうか。

  1. こうした問題は、通常、バッテリーがなくなってきている時に発生します。ほとんどの場合、ご自身で解決可能です。
  2. 点滅や点灯遅延は、ランプを適切に動作させるにはバッテリーの電池残量が足りないという兆候の可能性があります。

ランプを代替電源で使用することはできますか。

当社の多くのモデルは、別の電源を使用することができます。その一覧は、資料をご覧ください。

PDF

USBポートは何に使用するのですか。

当社のいくつかのモデルは、筐体にUSBポートがあり(H7.2およびH14.2)、ランプに追加電力を供給するLedlenserパワーバンク(製品番号:7709)と接続可能です。

なお、当社製品以外については、このUSBポートを使って動作させることはできません。

LEDが白熱電球のように突然切れることはありますか。

いいえ、ありません。当社のLEDは、モデルによって異なりますが、最大100,000時間耐用します。

しかし、LEDの寿命の定義によりますが、耐用時間経過後に、LEDが突然切れることはありません。 LEDはマイクロチップでできており、照度はだんだん弱くなっていきます。そして、照度が初期の50%に低下した後の期間が、寿命として定義されています。

世界最大のフラッシュライトはどういったものですか。

2011年9月24日、ゾーリンゲンで行われたイルミネーションナイトで約4メートル長のフラッシュライトが発表されました。Zweibrüder Optoelectronicsは、現状、「世界最大のフラッシュライト」の世界記録保持者です。ギネスワールドレコーズの社員が、ランプを審査し、記録を認定しました。ランプの重さは約216kg、当社製品X21を思わせる外観で、19個のLEDで約100,000ルーメンの光を放ちます。

使用しているP7/P14が、取扱説明書のものとスイッチの順番が異なるのはどうしてですか。

製品の実際のスイッチの順番は、取扱説明書に記載されているものと一致しない場合がございます。これは、ランプの不具合ではなく、お持ちのランプとは異なる「古い」取扱説明書が誤って添付されているためです。

スイッチの順番は、お客様の使用体験やご要望に合わせて変更しております。この仕様変更は、P7はS/N: 91,646以降、P14はS/N: 22,366以降に有効です。

古いスイッチの順番

  1. タップモード:130%
  2. エコモード:15%
  3. パワーモード:100%

新しいスイッチの順番

  1. タップモード:130%
  2. パワーモード:100%
  3. エコモード:15%

定期的に点滅が起きる場合は、バッテリーまたは充電残量がほぼ空になっていることを示しています。この場合、速やかにバッテリーを交換するか、充電してください。

制御ランプの利点はなんですか。

Ledlenserランプの利点は、非常に長い時間点灯可能なところです。(原則、動作中には全然わかりませんが)バッテリー残量に応じて、明るさが徐々に落ちていきます。

使用状況にもよりますが、電源を切ると、バッテリーはある一定量回復し、次回電源を入れるときにはまた強く光を発します。

制御ランプと非制御ランプの違いはなんですか。

制御ランプでは、使用中ずっとほぼ同じ明るさが保たれますが、バッテリー残量がなくなると、一気に消灯します。照射時間が終わりを迎えるときに準備ができていない時もあるので、こうしたランプを使用する際にはよく念頭に入れておく必要があります。

また、最小限の回路で、バッテリー残量を完全に消失します。原則、制御ランプが消耗した後も、非制御ランプで使用することができる残留電荷を有しており、照射時間は、非制御ランプより長いという特徴があります。

M7のように、当社ランプのいくつかでは、制御・非制御の動作モードを選択可能です。

Ledlenserのランプには、どうして異なる色の光があるのですか。

Ledlenserのランプを複数お持ちで、最近のランプが発する光の色が他と異なるということでしょうか。

LEDにとっては、これが正常です。LEDはコンピュータチップなどの製造時にドープされ、続いて、チップによって生成される青色光の部分を黄色光に変換する変換層で被覆されます。 この2色の組み合わせによって、白色光が表現されています。LEDには、技術的なプロセスの様な、ビニングと呼ばれる微妙な補正が行われています。

このビニング処理は光の色にもあり、同じチップタイプであっても、すべてのチップ間で多かれ少なかれ微妙な差が出ています。

反射レンズの縁が、黒く見えます。汚れたまま製造されたのでしょうか。

いいえ、違います。縁が黒く見えているのは、反射レンズを固定しているゴム製のインサートです。

このゴム部品は、レンズをしっかりとホールドするために、レンズに接触することがあります。これによる、ランプの光値への影響はありません。光は、ここの部位に入射されるのではなく、全反射によりオプティカルレンズ内部で偏向されます。

ランプのバッテリーはいつ交換すればよいですか。

バッテリー交換の時期については、要件やご都合、ランプの使用時間など、様々な要因によって変わってきます。状況によって予備のバッテリーを携帯する、そして、長く出かける前には新しいバッテリーを装着するなどの対応をお勧めいたします。ランプを長期間使用しない場合は、原則、バッテリーを外しておいてください。

アフターサービスも万全。

保証と修理

製品の保証、不具合に関するご質問、修理のご相談は、こちらのアフターサービス専用窓口より承ります。

Learn more

数クリックでぴったりの製品をご提案

製品アドバイザー

どの製品を購入すべきか、お悩みでしょうか?わずか数クリックで、多彩なラインナップの中からぴったりの製品を探し出す、便利な製品アドバイザーをご活用ください。

Learn more

何かお困りの際は・・

お問い合わせ

製品・サービス、その他のご質問については、お電話またはメールフォームから随時受け付けております。以下の連絡先から、いつでもお気軽にお問合せください。

Learn more