独自開発のテクノロジー

レッドレンザーは、高品質なレンズや、革新的な電池技術など、常に最先端の技術を開発し、製品に取り入れてきました。その結果、現在では100を超える特許を取得するに至り、また今後さらに100件の新規取得も予定しています。以下でご紹介させていただくのは、その中でも特に代表的なトップ10です。

Xレンズテクノロジー

X-Lens Technology

Xレンズテクノロジーは、いわばアドバンスフォーカスシステム(AFS)の進化版。この技術は、複数の光源から放たれる個々の光をシンクロさせ、ズレのない一本の光線に収束することを実現しました。ワイド照射時には均一でムラのない光を、スポット照射時にはシャープで強力な光を遠方に投射します。

イットリオン電池

Safety Ytrion Cell

イットリオン電池は、主に電気自動車で活用されていた電池技術を、フラッシュライトに応用したものです。ニッケル水素電池よりはるかに軽量で、リチウムイオン電池の約5倍のスピードで充電することが可能。3,000回以上の充電サイクルを持ち、「メモリー効果」による容量損失さえも防ぐ、ハイクオリティ充電地です。

アドバンスフォーカスシステム

Advanced Focus System

天体望遠鏡を発明したとき、ガリレオはレンズ、ニュートンはリフレクターの研究に熱意を注ぎました。近距離でムラのない配光を生み出すレンズと、遠距離まで光を反射するリフレクター。これらを組み合わせ、双方の利点を併せ持った集光システムを初めて実現したのが、レッドレンザーのアドバンスフォーカスシステム(AFS)。均一でムラのないワイド照射から、遠方を明るく照らすスポット照射まで、配光を自由自在にコントロールします。

スマートライトテクノロジー

Smart Light Technology

ライトに内蔵したマイクロコントローラーの働きにより、プログラムされた機能を自由に選択設定できる画期的な技術です。スイッチ操作ひとつで、照射モードのローテーションパターンや、電池の消費パターンをカスタマイズ。レッドレンザー製品を、各ユーザーにとって最適な仕様へパーソナライズできます。

フローティングチャージシステム

Floating Charge System

シンプルな操作性を重視して開発されたマグネット式の壁掛け充電システムで、ライトをホルダーにワンタッチでセットできます。充電の都度、電池をケースから取り出す必要がなく、いつでもすぐにフラッシュライトを使用可能。エコ性能にも優れているので、長時間充電したままでも安心。見た目にもスマートです。

ラピッドフォーカス

Rapid Focus

懐中電灯やヘッドライトの焦点を合わせたりずらしたりする際に、当社のリフレクターレンズはLEDに対して相対的に動きます。このプロセスが使用者にできるだけ早く人間工学的に機能するよう、当社は片手で操作可能で、光錐を瞬時に調整できるラピッドフォーカスを開発しました。

ワイドビーム

Wide Beam

人の視野は、水平方向に約180度、垂直方向には約130度と言われます。この視界を考慮し、対象物を快適に視認できるように開発されたのがワイドビームです。楕円形のリフレクターを搭載し、対象物をはっきりと照らし出すだけではなく、様々な角度から観察できるという二つの側面から安全性を確保します。

オプティセンステクノロジー

Optisense Technology

薄暗い木陰、深い暗闇の中、曇り空や手元の地図を読む際など、ライトを使用する環境は刻々と変わるものです。その変化をセンサーが感知し、自動で最適な明るさに調節する技術が、オプティセンステクノロジー。スイッチを操作することなく、その場面で求められる光を照射してくれる、便利で賢い機能です。

オーバーヒート防止機能

Temperature Control

ライトを使用すれば、LEDは発熱します。最悪のケースでは、火傷などの怪我に繋がったり、LEDそのものが焼け切ったりすることも。そこで、厳しい環境下や、長時間の連続使用時でも安心して使用するためのオーバーヒート防止機能です。使用するユーザーはもちろん、LEDライトそのものも過熱から保護します。

エマージェンシーライト

Emergency Light

ライトを充電ホルダーにセットしておけば、停電時に自動で緊急点灯するシステムです。即座に状況を把握し、そのまま非常用ライトとして使用できます。足元を照らすのはもちろん、ブレーカーを探す際などにも活躍します。

一つの製品が生まれるまで

開発プロセス

Ledlenserのフラッシュライト、ヘッドランプはどのように開発されるのか。フラッグシップモデルXEO19Rを例に、製品開発プロセスをご紹介いたします。

Learn more

その数、200以上。

各賞受賞歴

Ledlenser製品は、これまで200を超える国際的なデザイン賞などを受賞しています。受賞製品一覧や、その詳細については、こちらをご覧ください。

Learn more

Ledlenserの最新情報

ニュース&イベント

レッドレンザーは、現状に満足することなく、常に挑戦を続けています。ニュース、イベント、採用情報など、弊社の活動に関する最新情報はこちらでお伝えしています。

Learn more