アイデアが製品になるまで

アイデアを最終製品に昇華させるまでには、様々なプロセスが存在し、幅広い専門知識や経験が要求されます。そこで、レッドレンザーでは、開発・設計をドイツで、生産を中国自社工場で行うことにより、ベストクオリティを追及しています。

ドイツ・ゾーリンゲン本社は、いわば「アイデア工場」。スタッフは日々意見を交換し合い、情熱的な議論を交わします。その過程においては、LEDライトに関する専門知識は必須ですが、ときには「遊び心」も必要。エンドユーザーが真に求めるものを調査し、そのニーズに答える画期的な解を追い求めます。こうして完成した製品コンセプトを、人間工学に基づき、斬新なデザインへと落とし込むのです。

一方、中国の陽江市にある自社工場には、生産に関するノウハウや人材を集約。品質管理は特に重視しており、専門性を高めるための投資は怠りません。ここでは、試作品の制作や各種試験を行います。厳しい環境下でも信頼できる製品を作るため、まずは酸性試験を実施。その後、耐久、耐高温、耐低温、耐水、耐衝撃、耐圧力など、全24項目にわたる徹底した試験をクリアしたもののみが製品化され、市場に出荷されるのです。ときにはエンジニア泣かせとも言われる高い自己基準を設けていますが、すべてのプロセスは安心・信頼の製品をお届けするために存在しています。

XEO19Rのケース

開発事例のご紹介

レッドレンザーのライトはどのように発明されるのでしょうか?フラッグシップモデルのXEO19Rを例に、製品化されるまでの一連のプロセスをご紹介いたします。

Learn more

特許の数は、100以上。

独自開発のテクノロジー

精巧で高品質なレンズから、最先端の電池技術まで。継続的な技術開発により取得した特許は100以上。ここでは、その代表的なものをご紹介いたします。

Learn more

その数、200以上。

各賞受賞歴

レッドレンザーの製品は、これまで200を超える国際的なデザイン賞などを受賞してきました。その中でも代表的なものを、こちらのページでご紹介いたします。

Learn more

パートナー企業

レッドレンザーの製品が完成するまでには、多くのパートナー企業の協力も得ています。イノベーションや最高の品質を追求する上で、協力会社の存在は抜きにして語れません。その一例として、アウディ、ルフトハンザ航空、スイス航空、エアベルリン、ティッセンクルップ、ドイツ警察やドイツ鉄道などが挙げられます。(※ドイツ本国におけるパートナーシップです。)

 

 

Every day I can do what makes me happy, and still call it a job.

Tobias Schleder – Director, Productmanagement

Ledlenser is a reliable partner for me in the dark.

Bin Xiao – Junior Industrial Designer, Productmanagement

With my laser inscriptions I make people beam.

Heike Wichelhaus – Teamleader, Lasering and Etching Laboratory

Ledlenserを詳しく知る

会社概要

携帯LEDライトの分野で大きな成功を収めてきたレッドレンザー。今日に至るまでどのようなストーリーがあり、今後何を目指すのか?詳細については、こちらをご覧ください。

Learn more

あらゆるシーンに対応するラインナップ

製品情報

これまで200以上の賞や特許を取得している、数多くのレッドレンザー製品。その全ては、以下の製品情報ページから用途別、カテゴリ別にご確認いただけます。

Learn more

アフターサービスも万全。

保証と修理

製品の保証、不具合に関するご質問、修理のご相談は、こちらのアフターサービス専用窓口より承ります。

Learn more